それでも気になるバストアップサプリ

以前の記事でバストアップサプリの危険性について紹介しました。

プエラリア・ミリフィカという植物を原材料としたバストアップサプリを摂取して、少なくない方々が健康被害を訴える事件がありました。

その原因としては、プエラリア・ミリフィカの成分として含まれる、女性ホルモン「エストロゲン」によく似た働きをする「植物性エストロゲン」と呼ばれる成分が過剰に聞きすぎてしまい、女性ホルモンのホルモンバランスが崩れて更年期障害のような症状を引き起こしてしまうというものです。

なのでプエラリア・ミリフィカを原材料としたバストアップサプリは危険性も高くおすすめできません。

では、バストアップサプリ全てダメかというと、そういうわけではありません。

グラミープラスのようにプエラリア・ミリフィカに頼らないバストアップサプリも販売しはじめています。

バストアップに有効とされている成分は植物性エストロゲンだけではありません。

キャベツなどに多く含まれているボロン(ホウ素)はエストロゲンの分泌を促しエストロゲンの血中濃度を高める働きがあるとされています。

プエラリアの件の後に注目されているのがワイルドヤムという山芋の仲間です。

ワイルドヤムに含まれるジオスゲニンという成分は若返りホルモンとも呼ばれるDHEAとよく似た構造をしていて、女性ホルモン「プロゲステロン」とよく似た働きをすると言われています。

プロゲステロンもまた乳腺の発達と関係したホルモンです。

さらに言えば、植物性エストロゲンを成分に持つ植物はプエラリアだけではありません。

大豆イソフラボンが有名ですが、プエラリアのように植物性エストロゲン濃度が異常に高いものではなく、緩やかに外因性エストロゲンとして働いてくれるような原材料を使用しているバストアップサプリであれば、健康被害の危険性も低く使用してみる価値はあります。

ただし、プエラリアよりはるかに危険性は低いとは言え、ホルモンバランスに働きかける成分を含んでいることには変わりないので、摂取量を間違えるとプエラリア同様に大変なことになってしまいます。

バストアップサプリを飲むときは、必ず注意書きをよく読んで、書かれている用法用量を必ず守るようにしましょう。

バストアップは短期間で簡単に成功するものではありません。

それなりの期間と努力が必要です。

バストアップサプリも、摂取目安量を越えて一度にたくさん飲めばそれだけ効く、というものではないのでコツコツと長期間、できれば3ヶ月以上続けるようにしましょう。

サプリ自体は誰でも聴くというものでもありませんし、カラダに合う合わないもあります。

カラダが拒否反応を示すような場合はすぐに使用をやめるようにしましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です