ブラトップで寝ることの危険性

ブラトップ(いわゆるノンワイヤーブラジャー)は締め付けも弱くて楽なので愛用している方も多いのではないでしょうか。

「バストにとって悪いのは分かるけど楽だからつけてます」

という方も多いと思います。

はい、その通り、ブラトップはバストにとってよくありません。

バストのお肉・脂肪が流れ、クーパー線のダメージも進行してしまい、バストの下垂がどんどんひどくなっていきます。

昼間はちゃんとワイヤー入りのブラジャーをつけましょう。

「じゃあ夜寝ている間は大丈夫なの?」

といえば、寝ている間もブラトップはよくありません。

だからといってワイヤー入りの普通のブラジャーを寝ている間つけるのもまた良くないのです。

「じゃあどうしたらいいの?」

そのために開発されたナイトブラをつけるのが最善です。

ナイトブラは寝ている間につけるために設計されたブラジャーです。

ブラトップはそもそもバスト形を維持するためにはホールド力もサポート力も全然足りません。

ワイヤー入りブラジャーは、締め付けが強すぎて安眠できないというのもありますが、設計上バストの重みを下から支えることに特化しているため、夜寝ている間のバストの複雑な動きに対応できないんです。

これはバストの大きな人だけでなく、痩せ型の人だって同じです。

ナイトブラの多くは伸縮素材の着圧を利用しておっぱいを全方向からホールドしてサポートすることで、夜寝ている間のバストの複雑な動きにもきちんと対応してバストを支えることができるのです。

「ナイトブラってデザインが味気ないものが多いんでしょ?」

と思われる方も多いかもしれませんが、最近ではふんわりルームブラのようにナイトブラとしての機能を損ねることなくデザイン性も高めた商品が出てきています。

口コミの紹介やレビューをしているページもあるので参考にしてみると良いでしょう。

妊娠や授乳期をさかいに締め付けや授乳のしやすさなどからワイヤー入りブラを使用しなくなってブラトップなどを使い始める方が多いと思います。

ただ、断乳の後も面倒くさいからと言ってブラトップなど楽な方を選択し続けてしまうと、バスト、特にクーパー線がダメージを受け続けてしまうことになります。

昼間はワイヤー入りのブラ、夜間はナイトブラをきちんとつけるようにしましょう。

いつまでも美しいバスト保つためには、こういった日々の積み重ねが大切ですね。

あなたも楽しく美しいバストを目指していきましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です