それでも気になるバストアップサプリ

以前の記事でバストアップサプリの危険性について紹介しました。

プエラリア・ミリフィカという植物を原材料としたバストアップサプリを摂取して、少なくない方々が健康被害を訴える事件がありました。

その原因としては、プエラリア・ミリフィカの成分として含まれる、女性ホルモン「エストロゲン」によく似た働きをする「植物性エストロゲン」と呼ばれる成分が過剰に聞きすぎてしまい、女性ホルモンのホルモンバランスが崩れて更年期障害のような症状を引き起こしてしまうというものです。

なのでプエラリア・ミリフィカを原材料としたバストアップサプリは危険性も高くおすすめできません。

では、バストアップサプリ全てダメかというと、そういうわけではありません。

グラミープラスのようにプエラリア・ミリフィカに頼らないバストアップサプリも販売しはじめています。

バストアップに有効とされている成分は植物性エストロゲンだけではありません。

キャベツなどに多く含まれているボロン(ホウ素)はエストロゲンの分泌を促しエストロゲンの血中濃度を高める働きがあるとされています。

プエラリアの件の後に注目されているのがワイルドヤムという山芋の仲間です。

ワイルドヤムに含まれるジオスゲニンという成分は若返りホルモンとも呼ばれるDHEAとよく似た構造をしていて、女性ホルモン「プロゲステロン」とよく似た働きをすると言われています。

プロゲステロンもまた乳腺の発達と関係したホルモンです。

さらに言えば、植物性エストロゲンを成分に持つ植物はプエラリアだけではありません。

大豆イソフラボンが有名ですが、プエラリアのように植物性エストロゲン濃度が異常に高いものではなく、緩やかに外因性エストロゲンとして働いてくれるような原材料を使用しているバストアップサプリであれば、健康被害の危険性も低く使用してみる価値はあります。

ただし、プエラリアよりはるかに危険性は低いとは言え、ホルモンバランスに働きかける成分を含んでいることには変わりないので、摂取量を間違えるとプエラリア同様に大変なことになってしまいます。

バストアップサプリを飲むときは、必ず注意書きをよく読んで、書かれている用法用量を必ず守るようにしましょう。

バストアップは短期間で簡単に成功するものではありません。

それなりの期間と努力が必要です。

バストアップサプリも、摂取目安量を越えて一度にたくさん飲めばそれだけ効く、というものではないのでコツコツと長期間、できれば3ヶ月以上続けるようにしましょう。

サプリ自体は誰でも聴くというものでもありませんし、カラダに合う合わないもあります。

カラダが拒否反応を示すような場合はすぐに使用をやめるようにしましょう。

バストアップサプリは危険?

バストアップというと真っ先にバストアップサプリを思い浮かべる人も多いと思います。

でも、バストアップサプリは積極的にはおすすめできません。

といっても、バストアップサプリは効果がない、というわけではありません。

効果があるがゆえの危険性もはらんでいるのでおすすめできないのです。

バストアップサプリはこのエストロゲンと構造がよく似た物質を成分に含めることでバストアップ効果を狙っています。

エストロゲンとは女性ホルモンの一種で、乳腺を発達させておっぱいを大きくするという機能があります。

エストロゲンと似た物質としては大豆に含まれるイソフラボンや、プエラリア・ミリフィカという植物に含まれるデオキシミロエストロールやミロエストロールといったものがあり植物性エストロゲンと呼ばれます。

大豆であれば「たくさん食べましょう」と言ってもあまり問題がないのですが、プエラリア・ミリフィカという聞き慣れない植物は大豆の1,000倍から10,000倍のエストロゲン活性があると言われています。

すでに問題担っているのでご存知のかたもいらっしゃるかもしれませんが、バストアップ効果を狙ってプエラリア・ミリフィカを含んだバストアップサプリの摂取で健康被害が出てしまう例が続出しました。

植物性エストロゲンはエストロゲンと同じように作用するので、過剰にプエラリア・ミリフィカを摂取すると体内の女性ホルモンのバランスが大きく崩れてしまうことになります。

女性ホルモンのバランスが崩れるといえば、思春期や更年期などが代表的ですが、まさに更年期障害のような症状が現れてしまう恐れがあるんです。

このようにバストアップサプリは慎重に摂取する必要があります。

というわけで、バストアップサプリにはあまり頼らずに、エクササイズ、マッサージ、食事改善、姿勢改善、ナイトブラの着用という地道な方法を推奨しています。

この中で最近面白くなってきたのはナイトブラですね。

伸縮性素材の着圧を利用して寝ている間のバストの動きを抑えるという部分ではだいたい一緒なんですが、その他の付加価値をつけることで差別化する商品がたくさん出てきました。

古くからある商品ではありませんが、ナイトブラ市場もようやく盛り上がってきた印象です。

そんな数ある高付加価値ナイトブラの中から一つ紹介すると、Moriage加圧ブラという商品があります。

Moriage加圧ブラ(盛り上げと思ったらモリアージュと読むそうです)の特徴は、とにかくおっぱいを寄せて盛り上げる機能です。

寄せたり盛り上げたりといった機能はブラを外してしまえばすぐにその効果が失われてしまいますが、このナイトブラはレースで装飾もされていて日中や寝ている間だけでなく、セクシーなシーンでの利用も視野に入れているんです(笑)

ナイトブラとしての本来の機能もしっかりしているので、こういった付加価値のあるナイトブラを選んでみるのも面白いかもしれませんね。

あなたも楽しく美しいバストを目指していきましょう。

バストアップのために太る?

貧乳で悩んでいる方も多いのですが、その中でも結構な割合でただ痩せ過ぎている方がいらっしゃいます。

理想のモデル体型になりたいというあこがれはあるかもしれません。

といっってもあこがれのモデルさんたちも誰よりも努力して素敵な体型を手に入れているわけです。

なかなかダイエットとバストアップを両立させるのは難しいんですよね。

そんな中でおすすめしたい方法が「バストアップのために太る」というものです。

もちろん太った後は痩せなきゃいけないので楽な方法ではありません。

ただバストアップするという目的を達成するには、一番早い近道の方法であることは間違いありません。

どんな方法かと言うと、要するたくさん食べて体全体のお肉を増やしておっぱいを大きくした後、おっぱいが小さくならないようにダイエットする、というものです。

バストアップを足し算じゃなくて引き算で考えるということです。

多くの人がずっと悩み続けていることから分かるように、バストアップは解決することが難しい悩みです。

その理由は解決方法の選択を間違えているから。

そもそも「バストアップサプリを飲むだけで」とか、「ナイトブラをつけるだけで」のようになんの努力もなく楽してバストアップというのは無理なんです。

モテフィットというナイトブラのプロデュースをした人気YouTuberのてんちむさんも言っていますが、ナイトブラをつけるだけではバストアップできません。

てんちむさんはAカップからDカップへのバストアップに成功したそうですが、食事の見直しからマッサージ、サプリ、エクササイズ、エステなどあらゆる方法を試してみて相当な努力をしてようやくバストアップできたと言っています。

バストアップのためには何かしらの努力が必要なんです。

おすすめしている「バストアップのために太る」という方法も、太った後に理想の体型までシェイプアップする努力が必要です。

この努力が実践できない人にはおすすめできない方法となってしまいますが、医学博士である高須クリニックの高須克弥院長もバストアップのために最も手っ取り早い方法と言っています。

この方法は特にガリガリの痩せ型の方に有効です。

ガリガリの痩せ型の方はそもそもおっぱいの材料が身体の中に存在していないわけで、十分に栄養をとってある程度肉付きを良くしてあげないと、いつまでたっても胸は大きくならないわけです。

足し算ではなく引き算のバストアップ、あなたもやってみませんか?

あなたも楽しく美しいバストを目指していきましょう。

ブラトップで寝ることの危険性

ブラトップ(いわゆるノンワイヤーブラジャー)は締め付けも弱くて楽なので愛用している方も多いのではないでしょうか。

「バストにとって悪いのは分かるけど楽だからつけてます」

という方も多いと思います。

はい、その通り、ブラトップはバストにとってよくありません。

バストのお肉・脂肪が流れ、クーパー線のダメージも進行してしまい、バストの下垂がどんどんひどくなっていきます。

昼間はちゃんとワイヤー入りのブラジャーをつけましょう。

「じゃあ夜寝ている間は大丈夫なの?」

といえば、寝ている間もブラトップはよくありません。

だからといってワイヤー入りの普通のブラジャーを寝ている間つけるのもまた良くないのです。

「じゃあどうしたらいいの?」

そのために開発されたナイトブラをつけるのが最善です。

ナイトブラは寝ている間につけるために設計されたブラジャーです。

ブラトップはそもそもバスト形を維持するためにはホールド力もサポート力も全然足りません。

ワイヤー入りブラジャーは、締め付けが強すぎて安眠できないというのもありますが、設計上バストの重みを下から支えることに特化しているため、夜寝ている間のバストの複雑な動きに対応できないんです。

これはバストの大きな人だけでなく、痩せ型の人だって同じです。

ナイトブラの多くは伸縮素材の着圧を利用しておっぱいを全方向からホールドしてサポートすることで、夜寝ている間のバストの複雑な動きにもきちんと対応してバストを支えることができるのです。

「ナイトブラってデザインが味気ないものが多いんでしょ?」

と思われる方も多いかもしれませんが、最近ではふんわりルームブラのようにナイトブラとしての機能を損ねることなくデザイン性も高めた商品が出てきています。

口コミの紹介やレビューをしているページもあるので参考にしてみると良いでしょう。

妊娠や授乳期をさかいに締め付けや授乳のしやすさなどからワイヤー入りブラを使用しなくなってブラトップなどを使い始める方が多いと思います。

ただ、断乳の後も面倒くさいからと言ってブラトップなど楽な方を選択し続けてしまうと、バスト、特にクーパー線がダメージを受け続けてしまうことになります。

昼間はワイヤー入りのブラ、夜間はナイトブラをきちんとつけるようにしましょう。

いつまでも美しいバスト保つためには、こういった日々の積み重ねが大切ですね。

あなたも楽しく美しいバストを目指していきましょう。

ナイトブラでバストケア

バストケアにはいろいろな方法があります。

目的をバストアップだけに限定してみても、

  • エクササイズ
  • ストレッチ
  • マッサージ
  • 姿勢矯正
  • 食事改善
  • ナイトブラ
  • 矯正ブラ
  • バストアップクリーム
  • バストアップサプリ

などなどたくさんの方法が存在しています。

どれか一つに絞って実践するのではなく、なるべくたくさんの方法を同時に行っていくことでより早く効果が現れて来ます。

というのもどの方法も最終的には、

  • バストの土台となる筋肉の発達
  • 女性ホルモンの分泌や運搬を促すための血行促進
  • ホルモンバランスを整える

ことを目指しているからです。

といってもすべてを同時に実践するのは普通の方にはなかなか難しいものです。

ここではとくに盲点かもしれないナイトブラによる夜間のバストケアについて解説してみたいと思います。

ナイトブラにはクーパー線(クーパー靭帯)が伸びるのを防ぐという物理的な役割があります。

クーパー線というのは、バストを上から吊り上げてバストの形を保ってくれる天然のブラジャーのようなものです。

このクーパー線は一度伸びてしまうともとに戻ることがなく、おっぱいの垂れの原因となるものです。

クーパー線の伸びる原因としては物理的な刺激や加齢などがあります。

寝ているときはバストに対して昼間とは違う方向から力がかかります。

なので寝ているときにブラジャーを付けないのは論外ですが、普通のブラジャーをつけているからといっても安心ではないのです。

頑張ってバストアップしても寝ている間にバストが横に流れてしまったら台無しです。

寝ている間にもバストが横流れしないようにサポートしてくれるナイトブラをつけて寝るようにしましょう。

ナイトブラなら締め付けの強い普通のブラと違って眠りも妨げられませんので、女性ホルモンのバランスもくずれることはありません。

最近ではスパンデックス(ポリウレタン)などの伸縮素材を使ったナイトブラが販売されていて、ノンワイヤーで締め付けることなくバストを支えてくれます。

特におすすめはViage(ヴィアージュ)です。

口コミをまとめてレビューしたサイトもあるので参考にしてみてください。

ナイトブラをつけることによって、

  • クーパー線が伸びにくくなる
  • 良い姿勢をサポート
  • おっぱいの形がよくなる
  • 血行が良くなる
  • ホルモンバランスがよくなる

などの効果が期待できます。

ナイトブラは冒頭で挙げたバストアップ方法の中でも、他の方法ではケアできないクーパー線を物理的に守る効果があるので、外すことができない手段です。

まだ始めていない人は、ナイトブラの着用を軸にして、その他のエクササイズやマッサージなどを並行して行っていくとより早くバストアップに近づくんじゃないかと思います。

まだあきらめるのは早いです。

あなたも楽しく美しいバストを目指していきましょう。